全2ページ 1 2 [次のページ]
Paradice Lost / IN REQUIEM
2007 07.31 Tue

ゴシックメタルというジャンルを生み出した20年以上活動中のバンド
『パラダイス・ロスト』の新作IN REQUIEM(6年ぶり!)は、快作です。

ラスマスやエヴァネッセンスが好きというポップなジッピーにもオススメできる・・・・・・かもしれない。
仰々しい音楽が好きな方は聴いてみる価値はあります。


オペラ的なボーカルがゴシックメタルの王道なのですが、
今作でのニックさん(Vo)は、メタリカのジェイムスばりのシャウトもガンガンぶちかましておりまして、進化しているパラダイスロストを感じることができます。


Everything But The Girlの"Missing"のカヴァーはかなりツボです。


by さわだ | TIME 4:01|コメント(0)|カテゴリー:オススメCD


FUJI ROCK〜スタッフ編〜
2007 07.30 Mon

ディレクターのふくざわっす。今年も行って参りました!!

7/28(土)小林拓一郎とのREAL ROCKSを終え新幹線で苗場に。
澤田修による初日(7/27)のレポだと快晴でしたが苗場に着くなり雨がシトシト・・・
まぁ、それもフジロックっぽくあり雨雲さんの感激の涙とポジティブにとらえ仲間と合流。

今年はフジロック参戦6年目にして初めてキャンプサイトで寝泊りしました。
当たり前ですがホテルとは比べ物にならならないぐらい不便!
しかし、キャンプサイトはキャンプサイトでかなり楽しめました。
テントの中で薄暗い灯りの中、仲間とチビチビお酒を飲む時間が非常に貴重で楽しかったです。

さて、今年は今までで一番ライブを見なかった年です。
こういう立場でありながらそれってどうなの?と自分でも思ってしまいますが、
それでも楽しめてしまうのがフジロックの魅力であります。
食って飲んで寝て、たまにちょっとライブ見て・・の繰り返しでした。
はっきり言って贅沢ですよね・・

そんなボクが見た数少ないライブの中でベストアクトは「!!!」
(2004年のフジロック、エレクトラグライドに続いて見るのは3回目)
生音で作り出される四つ打ちサウンドはやっぱり最高に気持ちいいっす。
メンバーの暴れっぷりも最高にカッコよかったですよ!
ヴォーカルの人は、とにかくスタージ中を動き回り、ドラムも一緒に叩きだす始末。

昼間にも関わらずメインのグリーンステージはかなりのお客さんが入っていました。
さすが、レッチリのメンバー直々のオファーを受け彼らのUKスタジアムツアー全公演にスペシャルゲストとして出演しただけあります。
恐るべし変態集団8人組です。

〜フジロック終了後のお楽しみ〜


それは、ライブ音源の整頓!はっきり言って宝の山です!!


8/10のREAL ROCKSは3時間半マルっとフジ特集です!
インタビュー&ライブ音源&more!惜しみなくオンエア致します。
(我慢できないので今週8/3の番組でも何曲かライブ音源かけちゃいますけどね)

フジロックに行かれた方!また番組にレポ送って下さいね!
行かれなかった方!ぜひREAL ROCKSでフジの興奮をお楽しみ下さい!!そして来年こそは・・・


by ふくざわ | TIME 22:35|コメント(0)|カテゴリー:FUJI ROCK


FUJI ROCK FES. 2007 in苗場 レポート 1日目
2007 07.28 Sat

苗場の三日間が始まりました!
200組くらいのアーティストが熱い熱いライヴを繰り広げる週末。
そして何より集まった人はみんな音楽が大好きという夢の空間です。

朝食を腹一杯食べ、さっそく大阪のバンド「赤犬」をホワイトステージでみまし
た。
演歌からアイリッシュ、メタルまでごった煮のサウンドはくせになります。
続いては、四万人収容のフジロック最大のステージ・グリーンステージでイエロ
ーカード。
ショーンは太りましたが、相変わらず石原軍団に即入団できるイケメンです!
新曲をうまく混ぜた選曲で前方に集まったハードコアYCファンを熱狂させてい
ました。

それからは取材が4本!
イエローカード
ジョンバトラー・トリオ
キングス・オブ・レオン
グルーヴ・アルマダ
メンバーみんな、いいひとたちでした。インタビューの模様は8/10のRealRocksを
チェックっす!

それからは、
MUSE
ジョンバトラートリオ
ザ・キュアー
グルーブアルマダのライヴを堪能!

夜中は、
dj KENTARO
THA BLUEHERB
みたり、ルーキーアゴーゴー周辺を歩いたり、朝方までフジを満喫しました。

一日目があっという間でした。


軽く寝て、FujiRockFes2ndDayへと続く。




by 澤田修 | TIME 15:22|コメント(0)|カテゴリー:ライブレポート


澤田修のジュ〜ジュ〜通信!
2007 07.26 Thu

激ウマカルビさんたち

海部郡にある焼肉屋さん「後楽園 津島店」に行ってまいりました。

いやー、めちゃめちゃうまかったっす。
カルビなんて、口に入れただけでみんな笑顔

しかも比較的お値打ち!

オススメ度
★★★★★★☆ 6★!


by さわだおにく | TIME 23:44|コメント(0)|カテゴリー:ロックフード


NewFoundGlory = 謎の覆面HCバンド
2007 07.24 Tue

International Superheroes of HARD COREというやる気満々のアーティスト名を持つバンドの作品『Takin’ It Ova!』が8月1日にリリースされます。
Drive-Thru RECORDSの代表格、New Found Gloryの覆面バンド?です。

CAPTAIN STRAIGHT EDGE (Vocals)
SGT. SOY (Bass guitar)
CHUGGA CHUGGA (Guitar)
THE AMAZING BREAKDOWN (Drums)
MR.MOSH (Guitar)
の5人によるサウンドはオールド・スクーーーールなハードコアです。
投げる球は全部直球!!オールスターのときのダルビッシュ投手のような超攻撃的なHCアルバムに仕上がっています。
No Warningのアルバムが好きなひとにもオススメできます。

16曲入りで収録時間は22分!1曲あたりの時間にするとたったの1分半!!
たいていの曲は、イントロでチャド、、、ではなくCAPTAINさんが曲の内容を叫んでくれるので実にわかりやすいです。

金のことしか考えてない、魂をも売り渡してしまった全ての”SELLOUT”たちに捧げる曲
“Superheroes Sellouts”なんて、たった43秒しかないのに彼らが伝えたいことはビシビシ伝わってきます。

日頃のストレス(仕事、受験勉強、夏休みの読書感想文など)、鬱憤がたまっているひとにとって今夏のマストアイテムになるポテンシャルを秘めた一枚です!
車に搭載してPLAYボタンを押せば、あなたもタフでハードコアな男に早変わり!拳を突き上げて心ゆくまで絶叫タイムを楽しんじゃってください。

ストレスはあまり抱えない性格のサワダも、朝4時半にも関わらず爆音でこのアルバムを聴いております。



by おさわだがせ | TIME 4:51|コメント(0)|カテゴリー:オススメCD


SikTh!!
2007 07.23 Mon

SIKTH’s FORTHCOMING tour in July under the ’This Ain’t The Summer Of Love’ banner will be the last with singers Mikee Goodman & Justin Hill. (Myspaceより)

ゲェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!ウソ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
しょぼぉ〜〜〜ん。

なんと、あの変態的爆音最高階級技術芸術鋼鉄魂音楽団(要約すると、変態的でやかましくて最高レベルのテクニックを持ちアーティスティックなメタル・バンド)こと“SikTh(シクス)”から、
マイキー(Vo)
ジャスティン(Vo)が脱退してしまいます!!

これは、個人的に大ショックです。ここ数年最高のインパクトを残したといえるSikThの記念すべきデビューアルバム“Trees Are Dead and Dried Out Wait for Something Wild(持っていないラウドロック好きは買いなさい)”に欠かせない2人がバンドを離れるんです!!大事件です!!

SikThも終わった。。。あの6人が一丸となって襲いかかってくるような音がもう聴けないなんて…。悲しすぎる。もう寝るわ、おれ。。。



思えば、、、2003年のフジロックフェスティバル。
プレスルームでの取材の合間、うろうろしていたジャスティンを捕まえて
「ワタシハ、ダンス音楽ガメインノFM局デ、アナタタチノ曲ヲ何度モカケテイマス!」と力説し、
「うわぁお!マジかよ!さいっこーーーーにクールじゃん!」と言わしめ、ジャスティンとマイキーの2人のサインをREAL ROCKSのフラッグに無断で入れてもらったなんてエピソードがあります。

脱退や解散というニュースはファンをがっかりさせますが、バンドも生き物ですからそれは仕方がないとしかいいようがありませんな。

だからこそ!好きなバンドが名古屋でライヴをやるってときはなるべく見に行って、自分のロック人生史を好きなバンドとの思い出で埋めていきましょう。



by ギャーヒーンサワダ | TIME 22:03|コメント(0)|カテゴリー:ROCK NEWS


7/20 OAのREAL ROCKS
2007 07.21 Sat

牛焼肉定食最高。

さて、澤田修がやかましくお届けしました、
深夜から早朝までの洋楽ロック専門番組"REAL ROCKS"!
ロックステディ・ゴーでは、
夏にぴったりな「なつおと」を厳選して、おしつけがましく紹介しました。
そんなナツオ特集で紹介したのは、3作品。

1:夏の夕暮れ時(特に海水浴帰り)に・・・MUTEMATH! 
『MUTEMATH』(+αミニアルバム『Reset EP』、現在国内で入手するのはかなり厳しいですが名盤)
このバンドは必ずキマす(といって早1年経過)。

2:夏の寝苦しい夜に・・・Aleksander With! 
『Coming Home』 → 7/4リリース済み
この人、マジイケメンです。ブラッドピット+ディカプリオな感じ

3:「かったりぃーなぁ」っていう暑い夏の朝、目覚めに・・・BAD RELIGION!
『New Maps Of Hell』 → 7/4リリース済み
ヴォーカルのグレッグさんは大学で教鞭をとっている教授なのです。
こんなすげぇパンクバンドは他にはいません。

ちょっとでも気になった作品は、是非CDショップやネットショッピングでゲットよろしく!!!!


by 夏生まれの大食いサワダ | TIME 6:13|コメント(0)|カテゴリー:番組からのお知らせ


Guns N’ Rosesとあたい 〜後編〜
2007 07.19 Thu

この日は、『November Rain』をやってくれれば全てOK!という心積りでした。
が、ちょっと待った!
ネバっこさの全くないサラっとしたイントロ。。。そして、雑なギターソロも・・・。
「スラッシュならそうは弾かねーーぞ!このヤロー」と心の中で叫びましたが、それだけメンバーが自由に弾ける健全な状況なんだということで納得しました(Don’t Cryのソロもいただけなかった)。サマーソニック02のときよりもアクセル以外のメンバーもいい意味でルーズに弾けていたんじゃーないでしょーか。
まぁ、ブーブー文句たれてますが鳥肌全開でした。

ライヴの最中、学生のころの思い出が次々と頭の中を駆け巡りました。
勉強しながら聴くと燃えた”You Could Me Mine”
眠る前の1曲として聴いた”November Rain”
カラオケで歌う1曲”Don’t Cry”
It’s Gonna Break you Down!!という部分が空耳で“エツコの母乳だ!”に聴こえてしまう”Welcome To the Jungle”
“こんな素晴らしい構成の曲はない!”友達とのロック談義によく出てきた”Paradise City”

いつも近くにいてくれたGuns N’ Roses!別に感動的なエピソードなんてないんだけど、感謝の気持ちでいっぱいになり目頭にキマした。
純粋な気持ちでがむしゃらにロックを聴きあさっていた頃に、“ロックとは生き様だがや!”ということを教えてくれたのはGuns N’ Rosesだった気がします。当時、Guns N’ Rosesが好きだ!という気持ちは自分の小さな誇りでした。


今後、Guns N’ Rosesのようなモンスター級のバンドがロックシーンに出てくるんだろうか…なんて考えながら会場をあとにしたのでした。

追記
正直、新曲の反応と過去の名曲の反応の違いが明らかに出てました。これを、毎日のように目の当たりにしているアクセルは、ニューアルバムをリリースする決心がつくんでしょうか・・・。
どっちにしても、次の来日公演も行きます!オリジナルメンバーで観たい!
あと、NINのサポートメンバー(いまは脱退?)のロビン・フィンクの風貌がとんでもなく変わっていてビビリました。



by ダブルブレーキ澤田 | TIME 4:42|コメント(0)|カテゴリー:ライブレポート


Guns N’ Rosesとぼく 〜前編〜
2007 07.18 Wed

拝んできました、Guns N’ Roses@日本武道館!
一日中、心ここにあらずモードでした。
人生初デートの日以来の出来事です、こんな気持ちは(なんのこっちゃー)。

最寄り駅の地下鉄・九段下駅に到着したのが6時10分前!
そして、改札横にある券売機でカードのチャージをしたのが、6時12分!
お釣りの5000円を取り忘れ、日本武道館にさっそうと向かったのが、その1分後!
その取り忘れに気付いたのが、6時40分くらい@武道館のアリーナAブロック。
ひとりで「あ”ぁぁぁっ!」って叫びました。
新渡戸稲造先生が、12000円という決して安くはないチケットを無理して買った学生さんの手に渡り、今夜の豪華な晩御飯代になっていますように…。

Tシャツは購入断念。

さて、Guns N’ Roses武道館公演!
30代のひとが7〜8割でした。男性はサラリーマン的風貌の方、メガネ・バンダナ・デカいメタTという王道メタルファンなナイスセンスな方までフルラインナップ!
女性は、ゴージャスで綺麗な方が多かったです!
普通のOLスタイルの服装でも「あたい、昔は結構ブイブイ言わせてたのよ!」というオーラがいい感じに出ている人が多かったのです。綺麗なお姉さま大好きDJ澤田修にとってはとても楽しい開演前のひとときでした。女性強し!

武道館公演は発表が遅かったせいか、アリーナ席の後方は結構寂しい客入りでした。10代の若者ロッカーが非常に少ない状態!
若者よ、こういう規模のでかいライヴに行っておくべきじゃよ。

19時10分に轟音SEとともに客電がおち、開演!
一曲目は、Under World “Born Slippy”と並ぶ、人間の理性を吹っ飛ばすイントロを持つ“Welcome To The Jungle(邦題:ジャングルが大変!)”。
笑顔のアクセル、そしてオーディエンスもアクセルの機嫌を損ねてたまるかぁぁぁ!と言わんばかりの大歓声で答えるというヘンテコな主従関係でライヴは突き進みました!


by ブレーキペダル澤田 | TIME 23:56|コメント(0)|カテゴリー:ライブレポート


PlainWhite T’sのアルバム“Every Second Counts”
2007 07.17 Tue

このジャケは非常にイケてない

いまさらですが、
Plain White T’sのアルバム“Every Second Counts”にハマってまーす。

泣きメロがいちいちエェのです。
分かりやすいオトコの気持ちをシンプルに綴った“Hate(I Really Don’t Like You) ”
遠距離恋愛中の彼女へのシンプル過ぎるラヴソング“Hey There Delilah”

この2曲は是非コチラで聴いて、CDも買っちまいましょう!
http://www.myspace.com/plainwhitets


前作、“All That We Needed”も秀作!


by さわだブラックT | TIME 1:30|コメント(0)|カテゴリー:オススメCD


全2ページ 1 2 [次のページ]
INFORMATION
ZIP-FM唯一のご長寿ROCK専門番組!!
ロック男「澤田修」&REAL ROCKSチームによるロック好きのロッカーのためのブログ。

カレンダー
前月 Jul 2007 次月
M T W T F S S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
すべての記事>>
MAXの直筆サインを2名様に差し上げます!!
Paul McCartneyのTシャツを2名様にプレゼント!!
Bullet For My Valentineの直筆サインプレゼント!!
REAL ROCKSがAbema Radioに進出!
リアルロックス、プレゼントございます!
【予告】リアルロックスのプレゼント
エルトン・ジョンのトートバッグ、プレゼント!
Tシャツ詰め合わせギフト、プレゼント
【Google Home Mini】プレゼント!
The Rolling Stonesのオリジナル・ラジオ、プレゼント!
バックナンバー
Spt 2018
Jul 2018
Jun 2018
Apr 2018
Dec 2017
Nov 2017
Spt 2017
Aug 2017
Jul 2017
Jun 2017
May 2017
Mar 2017
Jan 2017
Dec 2016
Oct 2016
Spt 2016
Jul 2016
Jun 2016
Apr 2016
Jan 2016
Dec 2015
Nov 2015
Spt 2015
Aug 2015
Mar 2015
Feb 2015
Jan 2015
Dec 2014
Nov 2014
Oct 2014
Spt 2014
Aug 2014
Jun 2014
May 2014
Apr 2014
Feb 2014
Jan 2014
Dec 2013
Nov 2013
Oct 2013
Spt 2013
Aug 2013
Jul 2013
Jun 2013
May 2013
Apr 2013
Mar 2013
Feb 2013
Jan 2013
Nov 2012
Oct 2012
Spt 2012
Aug 2012
Jul 2012
Jun 2012
May 2012
Apr 2012
Mar 2012
Feb 2012
Jan 2012
Dec 2011
Nov 2011
Oct 2011
Spt 2011
Aug 2011
Jul 2011
Jun 2011
May 2011
Apr 2011
Mar 2011
Feb 2011
Jan 2011
Dec 2010
Nov 2010
Oct 2010
Spt 2010
Aug 2010
Jul 2010
Jun 2010
May 2010
Apr 2010
Mar 2010
Feb 2010
Jan 2010
Dec 2009
Nov 2009
Oct 2009
Spt 2009
Aug 2009
Jul 2009
Jun 2009
May 2009
Apr 2009
Mar 2009
Feb 2009
Jan 2009
Dec 2008
Nov 2008
Oct 2008
Spt 2008
Aug 2008
Jul 2008
Jun 2008
May 2008
Apr 2008
Mar 2008
Feb 2008
Jan 2008
Dec 2007
Nov 2007
Oct 2007
Spt 2007
Aug 2007
Jul 2007
Jun 2007
May 2007
Apr 2007
Mar 2007
Feb 2007
Jan 2007
Dec 2006
Nov 2006
Oct 2006
Spt 2006
Aug 2006
Jul 2006
Jun 2006
May 2006
Apr 2006
カテゴリー
ライブレポート
オススメCD
サワダオサム
イチオシ・バンド
スタッフダイアリー
ROCK STEADY GO!!!
ロックフード
オンエアをチェック!
番組からのお知らせ
どうでもいいお話
FUJI ROCK
ROCK NEWS
イベント
HITORIGOTO!
イチ押しライヴ
REAL ROCKS SELECTION
キングスロード
プレゼントだぃ
検 索
LINK
BLOG 一覧
REAL ROCKS WEB SITE
澤田修のオフィシャルHP
プログレとプロレスの融合番組"プログレス"HP (REAL ROCKSの兄弟番組)
豚しゃぶが激ウマのお店